レグナード

レグナード

最近行ってないので、色々抜けはありますが・・・

攻撃種類

  • ☆2連続打撃…1撃目は約450~500ダメージ。2撃目は一撃目の0.7倍の威力。
  • ☆霜白の氷塊…対象と周囲に約1250ダメージ(ブレス)+約20秒間自分の足元を氷状態にし、踏むとしばらく固まる
  • ☆紅蓮の炎…対象と周囲に約1250ダメージ(ブレス)+約20秒間自分の足元を炎状態にし、踏むと最大HPの60%程度のダメージ
  • ☆シャイニングブレス…約1500ダメージのブレス攻撃+呪文封印+特技封印
  • ☆ダークネスブレス…約1500ダメージのブレス攻撃+全属性耐性低下+呪い(3秒ごとにMP-20)
  • ☆ウイングダイブ…前方に物理攻撃で約1200ダメージ×2回+足が遅くなる追加効果
  • ☆はげしいおたけび…周囲に現HPの50%ダメージ+ふっとばす
  • ☆テールスイング…広範囲の周囲全員に打撃より少し強いダメージ。早目にジャンプするとかわせる
  • ☆裁きの雷槌…対象と周囲に約300~400ダメージ+マヒ+放電状態
  • ☆ひかりのはどう…敵にかかっている悪い効果を消す
  • ☆いてつくはどう…味方にかかっている良い効果を消す
  • ☆怒り・激怒…こちらの行動に反応して怒る。極まれに激怒状態になる
  • ☆竜の咆哮…敵の周囲の味方が約15秒行動不能(まもりのたてでたまに防げる)+守備力低下、敵の悪い効果消える+テンションアップ+45秒間ダメージアップ+与ダメの50%HP回復+攻撃時たまにテンションアップ+ピオラ2段階

必要な耐性・装備

麻痺、呪い、封印、ブレス耐性
【パラディン】
重さ728以上、大防御の極意(必須)、ウェイトブレイクの技巧(ⅠorⅡ)
ブレス耐性80%推奨
【僧侶】
重さ171以上、283以上推奨、雷耐性
【魔法使い】
雷耐性

行動パターン

  • ★HP100%~75%
「テールスイング」、「裁きの雷槌」以外使用
ターンエンドで「はげしいおたけび」「2連続打撃」「ウイングダイブ」を使用

  • ★HP75%~50%
ターンエンドに「テールスイング」、「裁きの雷槌」が追加

  • ★HP75%以降の怒り時
ターンエンドの種類が以下の2パターンどちらかになる
怒り解除まで、そのパターンが継続する
Aパターン:「テールスイング」「はげしいおたけび」
Bパターン:「裁きの雷槌」「はげしいおたけび」

両パターンとも2連続打撃がないため、レグナードのセリフを見てからコマンド選択の後出しが可能
激怒時はその限りではないので、無理

  • ★HP50%~
名前が黄色になってからターンエンド攻撃の後に、「竜の咆哮」を確定で使用。
HP45%以下で「竜の咆哮」
怒り時に即「竜の咆哮」

攻略方法

【パラ視点】
レグナードのターンエンドまでは通常時:15歩(17秒)、怒り時・HP変化時:13歩(15秒)
ターンエンドはCT技(チャンス特技)を用いてすべて無効化するのが基本方針
  1. 「聖騎士の堅陣」
  2. 「ファランクス」+「大防御」
  3. 「スケープゴート」+「大防御」
  4. 「アイギスの守り」+「大防御」
「聖騎士の堅陣」は僧侶が押してくれている時になるべく早く使う。
ターンエンド2秒前くらいに「大防御」を行うようにする。
でないと2連続打撃で死んでしまう。

「聖騎士の堅陣」がかかっている時は「ヘビーチャージ」更新のチャンス。
レグナードⅠorⅡの時は「ウェイトブレイク」「プレートインパクト」もできる。


■咆哮押し
「竜の咆哮」が使われるとき相撲を続けていれば、尻もちをついた状態でも、そのまま相撲を継続できる。
押し続けていると反撃を食らうので注意。
ただし、バフが完全にかかっていれば生き残れる。(慣れないうちはお勧めしない)
セリフ出現後、約1秒?は相撲をやめる。
「ヘビーチャージ」をいれる余裕はある?

竜の咆哮後のターンエンドは「聖騎士の堅陣」のみ無効化可能。
「ファランクス」⇒「大防御」は間に合わない。


以下に怒りを継続させて、レグナードの行動パターンを限定させたまま戦うかが肝になるため、怒られた魔法は攻撃の手が減ってでも、死なないようにする。

討伐構成例

パラ・魔・魔・僧
パラ・バト・魔・僧
パラ・魔・賢・僧
パラ・魔・魔・道具





  • 最終更新:2016-07-06 16:53:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード